協会について

ごあいさつ


寒冷の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

会員の皆様並びに関係事業所及び各職能団体の皆様方には日ごろよりご厚情を賜り感謝申し上げると共に、厚くお礼申し上げます。

さて、熊本県介護支援専門員協会は、介護保険創設時より県内の圏域において事業者連絡協議会で実施されてきた活動を発展的に引き継ぐ形で、介護支援専門員主体の任意職能団体として平成18年3月24日に設立いたしました。

その後、介護支援専門員の資質の向上の為の圏域研修会又は市町村や他職能団体との共催による活動、会員相互の情報交換等を通して職能としての研鑽に取り組んで参りました。

近年は職能団体として自主研修の運営や関係団体と連携した事業活動、また多様化する事業への対応力強化のために、組織改編を図るなど、様々な活動を展開してまいりました。

具体的には、組織強化といたしましては、職能部会、法廷研修部会、生涯研修部会、広報部会、総務部会等の部会を設置。また介護支援専門員の資格更新の為の法廷研修の運営及び主任介護支援専門員養成、ケアプラン支援体制構築事業受託及び実施、介護支援専門員更新研修の指導者養成等に貢献し、さらには熊本県の介護保険事業や認知症対策事業や人材確保に関する事業等様々な政策の場にも専門的意見を述べる機会を頂き、職能団体の一員として積極的に活動を行うことができました。これもひとえに会員の皆様のご協力そして、各専門職職能団体の皆様方のおかげと感謝申し上げます。

今後もこれまで以上に社会的信用の高い組織として能力を発揮し専門性・公共性の高い活動を実践できるように一般社団法人熊本県介護支援専門員協会として活動することとなります。これまで以上に、会員の皆様をはじめ熊本県並びに市町村並びに、各職能団体の皆様方と共に協会活動を盛り上げていきたいと思っていますので引き続きご支援、ご指導の程何卒よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 熊本県介護支援専門員協会
会長 土屋 政伸

協会組織図


協会概要

設 立平成18年3月24日
代表者会長 土屋 政伸
目 的本会は、介護保険制度が利用者主体の制度として確立されるよう、専門的知識及び技能を研鑽し、介護支援専門員の資質及び社会的地位の向上に努めることにより、公平・ 中立なケアマネジメントの実現を目指し、もって県民の健康と福祉の向上に寄与することを目的とする。
事 業本会は、上記の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行なう。
・介護支援専門員の知識及び技能の向上に関すること。
・介護保険制度及び介護支援専門員に係る調査研究に関すること。
・介護保険制度に対する提言に関すること。
・介護保険制度の普及啓発に関すること。
・介護支援専門員が必要とする情報の提供に関すること。
・関係団体との連係・調整に関すること。
・日本介護支援専門員協会の支部としての活動
・その他本会の目的を達成するために必要な事業。
会 員【 正会員 】
介護保険法(平成9年法律第 123 号)第 79 条第2項第2号に規定する介護支援専門員であって、本会の目的に賛同して入会した者
【 賛助会員 】 本会の事業を賛助するため入会した個人又は団体
【 名誉会員 】 本会に特別の功績のあった者で、本人の承諾を得て総会において承認された者
会 費(1)正会員
入会金 1,000 円(日本協会)
年額会費 10,000 円
※但し、日本介護支援専門員会費 5,000 円、熊本県介護支援専門員協会費 5,000 円

役員

理事16名会長土屋 政伸(熊本市支部)
副会長
白石 靖(宇城・上益城支部)
加來 留(菊池支部)
理事橋本 今朝子(阿蘇支部)
野満 博士(有明支部)
中満 重明(鹿本支部)
坂本 昌明(熊本市支部)
藤井 美香(八代支部)
権頭 重賢(人吉・球磨支部)
倉本 美貴(水俣・芦北支部)
松本 恵(天草支部)
土田 幸博(総務部会)
岩永 洋一(生涯研修部会)
佐藤 恭介(職域部会)
澤村 健太郎(広報啓発部会)
西田 剛(法定研修特別部会)
監事2名小島 隆幸(有明支部)
松本 和雄

事務局

事務局〒862-0954
熊本市中央区神水 1-3-1-3 階A号室
TEL.096-288-6553 FAX.096-288-6554

倫理綱領

熊本県介護支援専門員協会の倫理綱領はPDFをご覧ください。